自分を愛すれば他者を愛することができるよ(第4チャクラ)

私たちは愛し愛されるために生きている

こんにちは、カノンです。

私たちの肉体には、7つのメインチャクラがあります。

その1つである「ハートチャクラ・第4チャクラ」について、今日はみていきましょう。

ハートチャクラは私たちの愛情に関わっている

ハートチャクラは、胸の中央に位置しています。

身体の前側と後ろ側にあり、色はエメラルドグリーンです。

このチャクラは、私たちの「愛情」や「調和」に関わっています。

ありのままの自分自身を愛し慈しむこと。
そして、自分を信頼すること。

同じように、他者を信頼し、心を開いて誠実な関係性を築けるかどうかなど。
いかに愛や思いやりをもって他者と接することができるかどうか。

自分の素直な気持ちを語り、真実の姿で人々と関わり、愛や喜び、ときには悲しみをも分かち合っていくことなどがテーマになります。

私たちが次のような事柄について考えるとき、ハートチャクラは影響を受けて変化していきます。

・人間関係に関すること(家族や恋人、友人や同僚との関係など)
・自己愛に関すること(肉体を超越した存在である自分への愛情や信頼など)
・許しに関すること(裏切られたり傷ついたりしたことへの癒しや気づきなど)
・超感覚に関すること(クレアセンシェンス、肉体を超越した存在からの導きなど)

ハートチャクラが健全な状態だとありのままの自分を受け入れることができるよ

ハートチャクラが調和のとれた状態にあると、ありのままの自分でいることに心地よさを感じます。
すべての人から愛される価値があると感じ、自分自身を愛します。

誰に対しても恐れを感じることなく、オープンに接することができます。
他者も自分も根本的には同じであるということを理解し、共感し、思いやりをもって接することができるようになります。

また、自身の肉体を超越したスピリットの存在を感じたり、超感覚と調和して真実を感じることができるでしょう。

人生とは分かち合うものであるということを理解し、愛し合い、慈しみ合い、喜びや悲しみをシェアしていくでしょう。

生育過程にトラウマがあるとチャクラのバランスが崩れるよ

一方で、生きてきた過程で次のようなトラウマなどがある場合、チャクラが傷ついていたり、正常に働いていなかったりするかもしれません。

もし、以下に挙げるような環境にあったような場合、ハートチャクラが健全に機能していないことが考えられます。

・生育環境において、拒絶されたり放置されたりした経験がある場合

・生育環境において、愛の感じられない冷たい環境にあった場合

・生育環境において、条件付けのある愛を与えられてきた場合

・離婚や死別など、愛する人との別れや、愛の喪失を経験した場合

・常に批判的な環境にあったり、大きな恥と思えるような出来事を体験した場合

チャクラのバランスが崩れると肉体にも影響が出るよ

チャクラのバランスが崩れていると、極端に欠乏した状態になるか、過剰に補おうとする傾向があるでしょう。

★欠乏感でいっぱいになると・・・ 
 ・引きこもって社交的になれない
 ・常に批判的な目でまわりをみてしまう
 ・自分にも他者にも不寛容で厳しい
 ・孤独感でいっぱいの心
 ・他者から拒絶されることや、親密な関係を築くことに恐れを抱く
 ・他者に共感することができない
 ・うつ状態になる

★過剰に補償しようとすると・・・
 ・他者との境界線が曖昧で共依存的になる
 ・他者への要求が厳しくなる
 ・嫉妬深くなる
 ・自分ではなにもできずにまわりを頼りにする
 ・必要以上に自己犠牲的になる
 
★肉体に出る症状としては・・・
 ・心臓や肺の疾患や不調
 ・呼吸が浅くなる
 ・喘息、循環器系の不調や疾患
 ・免疫力の低下
 ・二の腕に脂肪がつきやすい

私たちは愛し愛される経験をするために生きている!

もし、ハートチャクラが健全でない状態だと感じるのなら、気づいた時点でできることをやっていきましょう。

まずは、しっかりと深い呼吸をすることを意識しましょう。
緊張していたり、不安な状態でいたりすると、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなってしまいます。

幼少期からハートチャクラが健全に稼働していなかったような場合は、もうずっと浅い呼吸で生きてきてしまっていることもあるでしょう。

まずは、深呼吸するぐらいのつもりで、大きく息を吸い込んでは吐く、ということを意識してやってみてくださいね。

幼少期から愛を感じられないような環境にあったという人は、インナーチャイルドとしっかりと向き合って癒していきましょう。

自分の中にある悲しみや怒り、寂しさなどの感情を受容し、癒してあげましょう。

両親や密接に関わっていた人との関係に傷ついたような場合は、関係性を癒やすワークもおすすめです。
これには、ヒプノセラピー(催眠療法)がとても有効なのでね。
興味があればぜひ受けてみてくださいね。

私たちは愛し愛される経験をするために生きている、と言っても過言ではありません。
そのためには、まずは自分自身を受け入れ愛することです。

素敵に思える自分も、ダメな(と思える)自分も、どんな状態であっても自分はこれでOKなのだ、と思えること。
それが真の愛情関係を築くためのベースです。

私たちみんなが、自分を心から受け入れ、愛し愛される喜びを両手いっぱいに受け取ることができますように・・・:D

関連記事

  1. 私たちは喜びを表現するために生きている

    私たちは喜びを表現するために生きている(第2チャクラ)

  2. 自己肯定感を高めるために私たちは自分自身のご主人さまになろう

    自己肯定感を高めるために私たちは自分自身のご主人さまになろう…

  3. 私たちはフリースタイルで自分を表現していくことができるよ

    私たちはフリースタイルで自分を表現していくことができるよ(第…

  4. 目の前の現実にピントがあっていますか

    目の前の現実にピントが合っていますか

  5. 私たちは自由に将来のビジョンを思い描くことができるよ

    私たちは自由に将来のビジョンを思い描くことができるよ(第6チ…

  6. 心と身体はつながっている

    心と身体はつながっているよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP