人生を後悔しないために最も重要なこと

人生を後悔しないために最も重要なこと

こんにちは、カノンです。

よく、「今日が人生最後の日だと思って過ごしなさい」というようなことを言われます。

これは、「後悔しないように毎日を精一杯に生きなさい」という意味の教えですね。

この言葉を聞いて、みなさんはどう思われますか?

人生は、なにを学んだのかに尽きる

ヒプノセラピー(催眠療法)で過去世退行を一度でもしたことがある人は、この教えの意味深さを分かっていただけるのではないかな、と思います。

過去世退行では、私たちの魂が過去に生きたときの人生を再体験していくのですが、最期に息を引き取るところまでしっかりと見ていきます。

そしてそのあと、たった今見てきた人生を振り返るのですが、
ここでいろいろな想いが駆け巡るのですね。

誰かの想いの尊さに胸を打たれたとか、
家族を愛することの素晴らしさに気づいたとか、
縮こまって生きることの無意味さに気づいたとか、
つらい人生の中にも心が温かくなる瞬間があったとか・・・。

思うことは、本当に人それぞれです。

シリアスな出来事から深い学びを得る人生もあれば、大きな困難に出遭うこともなく、安定や平和といったものを学ぶ人生もあります。

どの人生がより良い、などという「優劣」は存在しません。

なによりも重要なのは、「なにに気づいたのか」「なにを学んだのか」ということ。
幸せだったから良いとか、なにも悔いがなかったから良い、ということではなく、「なにを学んだのか」それに尽きるのですね。

今生で学ぶべきテーマも必ずある

過去世退行でその時の人生を振り返るとき、気づいたこと、学んだこと、良かったと思えること、これは自分でもよくやったなと思えること、そういったこともたくさんあるのですが、同時に、「これはもう少しこうできたかな」とか、「もっとこうすれば良かったな」というような反省点もあったりするのですね。

私たち人間は完璧ではありません。
だからこそ、こうやって地球に生まれて、一生懸命学んでいるのですね。

その人生で得られた反省点は、次の転生のときか、はたまたずっと先の転生のときかは分かりませんが、克服すべく、また新たに取り組んでいくことになるのです。

この「克服すべきテーマ」に気づけないでいると、私たちは何度も何度も転生するたびに、同じテーマに取り組むことになってしまいます。

だから、早いうちに自分の「テーマ」に気づいて、それをしっかりと学ぶ方向へエネルギーを注げると良いのですね。

せっかく生まれる前に、「今回はこれを学ぶぞ!」とか「これを克服して完全に手放そう!」などと決意してきたとしても、生きている中でそれに気づいて意識的にならなければ、ミッションクリア!ってことにはならないのです。

自分の人生を振り返ることで、人生のテーマのヒントがわかるよ

「でも、どうやってそのテーマに気づくの??」という疑問がわいてくるかもしれませんが、それは、自分のこれまでの人生を振り返ってみれば、何となく分かるものだと思います。

というのも、決めてきたテーマとかけ離れた人生は、きっと送ってきていないからです。

特に、「克服しようとしているテーマ」については、そのテーマに向き合わざるを得ないような環境の中で生きることになるでしょう。

子供のときから自分がなにを感じてきたのか。なにを思ってきたのか。なにを考えてきたのか。
そこにフォーカスしてみれば、自然とその輪郭は浮き上がってくるはずです。

特に、ネガティブと思えるような感情や、思い。
ネガティブな思いに動機づけされた言動や目標など。

もしかしたら、そのような、できれば自分としてはフタをしてしまいたいような、目をそむけたくなるような感情に関連することが、大きなテーマになっているかもしれません。

または、現在自分がどんなことに悩んでいるのか。
子供の頃から、繰り返し同じような問題にぶつかっていたりしないでしょうか。

そんなふうに、過去から現在まで持ち越している、何度も繰り返しているようなテーマがあれば、それは「克服すべきテーマ」と言えるでしょうね。

今生を後悔しないように生きよう

その自分のテーマ、おそらくみんな、なんとなくは気づいているんだと思います。

でも、それから目をそむけて、「まぁいっか。私は悪くないし」とか、「もうどうにもならないから諦めよう」などと、避けて通ろうとしてしまうとどうなるか、、

おそらく今生を振り返るタイミングのときに、「ああ、もっとこんなふうに出来たんじゃないかな」と思うことになるかもしれないのですね。

「死ぬときとか、死んだあとのことなんて分からないし・・・」と思われるかもしれません。
もちろん、これは証明はできないし、絶対的なものだとは言えません。

でも過去世退行をしてみると、地球に生を受けて生きているということは、やはりなにかを学びに来ているのだなとか、テーマがあって生きていたんだなということが、なんとなく分かるのですね。

だからこそ、後悔しないようにしっかりと生きなくては!と、そう思わせられるのです。

どんな経験でも愛おしんで

今もしあなたがなにかに悩んでいるのなら。
幼いときからずっと囚われているような思いがあるのなら。

そのテーマにガッツリと向き合って、昇華することにチャレンジしてみませんか。

なにも、修行をしましょうとか、苦行をしましょう、ということではありません笑

そのテーマの、どこに引っかかっているのか。なにを苦しく感じるのか。
どうなってほしいのか。どうなりたいのか。

そして、その悩みやテーマから、なにを学んだのか、なにに気づいたのか。
それを今後どう活かしていくのか。

そんな視点で考えてみては?ということなのです。

どんな経験にも意味はあります。
そこからどんなことを感じるのか。
それは人それぞれですが、たとえネガティブに思える経験だったとしても、それを未来に活かすことはできるのですね。

人生の幕を閉じるときに、「あんな経験をできて良かったな」と思えたら最高ですね:D

たとえそれがどんなにつらい経験だったとしても、それを経験する勇気をあなたは持っていたということ。
そんな自分に「よくやったね、よく頑張ったね」と言ってあげられるように、1つ1つの出来事や経験を愛おしんでくださいね。

関連記事

  1. 心が不安におそわれたときはどうしたらいいの?

    心が不安に襲われたときはどうしたらいいの?

  2. 風邪をひきやすい人に身体が伝えようとしているメッセージとは

    風邪をひきやすい人に身体が伝えようとしているメッセージとは

  3. 心の状態は身体の症状のあらわれる

    心の状態は身体の症状にあらわれる

  4. 瞳の奥に

    Netflixドラマ「瞳の奥に」考察

  5. 自分には優しい言葉をかけましょう

    自分には優しい言葉をかけましょう

  6. 私たちの人生は自分の成長のためのもの

    私たちの人生は誰かに見せるためのものではなく、自分の成長のた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP